お知らせ

夏に増える食中毒にご用心2019年06月14日

梅雨時から9月頃までは高温多湿な状態が続き、食中毒が多く発生します。

細菌による食中毒は、「カンピロバクター」や「腸管出血性大腸菌(O157など)」によるものが多く重症になる例が報告されているそうです。☹

⚠食中毒の最大の注意点は、食中毒を招く細菌が増殖しても、食べ物の見た目や味は変わらず、匂いもしません。
食事の準備をするときには

細菌を「つけない」「増やさない」

加熱等で「やっつける」を心がけ、食中毒を防ぎましょう。

 

食中毒を予防するポイント!!

 

⒈食材の購入・保存
消費期限を確認する
肉や魚は汁が漏れないよう注意!
氷や保冷剤と一緒に持ち帰りましょう。
冷蔵庫や冷凍庫は詰め込みすぎないように注意しましょう

⒉下準備・調理
作業の前に石けんで丁寧に手を洗いましょう。
台所は清潔に保ちましょう。特にふきん・タオル類は、頻繁に清潔なモノと交換する
野菜は流水できれいに洗う。
生の肉や魚、卵をさわった後は手を洗いましょう
肉や魚は中まで十分に火を通して食べましょう。

⒊食事
食べる前に石けんで手を洗いましょう
清潔な食器を使用しましょう。
料理は長時間保存せず、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べましょう。
残った食品は小分けにし、清潔な容器に保存し、ちょっとでも怪しいと思ったら、食べない!!

これからの季節、バーベキューなどの機会が増えると思います。

こんなことに注意です!!

生食または生焼け状態のメニューは食べない。
生の肉や魚介類を扱う箸と食べる用の箸を使い分け、中心部まで火を通したものを食べてください。

ここポイント!!
⚠つけ合わせの野菜も、肉などに触れているので十分に加熱すること 食べきれなかった料理は持ち帰らない
⚠室温で2時間以上放置しない、「ちょっと怪しい」と思ったら捨てる!! 食中毒予防を心掛けてください!

以上、リスク管理委員会からのお知らせでした。⚠

平成29年度採用-東方会で一緒に働きませんか?-

Jobセンターシャキッと(フルタイム)
障害者支援施設 瑠璃光苑(生活支援員)
【職務内容】

障害者支援施設 瑠璃光苑(入所施設)での生活支援業務
※入所施設は、40名定員でスタッフは早出・日勤・夜勤・深夜勤の勤務交代制です。日中活動・生活支援(入浴・食事・車いすの移動等の介護)が主な業務内容です。

電話でのお問い合わせ

0955-29-8166

東方会法人本部事務所
[受付時間]平日 09:00 - 18:00
メールでのお問い合わせ
施設見学や求人に関する
お問い合わせはこちら

Googleマップ-東方会ってどこにある?-